カテゴリ:車( 80 )

DWS06

洗車時にタイヤをしげしげと見てみたら、すでに山が3分を切りそう。

まぁそろそろスタッドレスの時期だし、昨年アイスアシンメトリコを買ったばかりなので
履き替えても良かったのですが・・・・・・
物置からあの重いタイヤを運んで履き替えるのは・・・


面倒くさい!


てな訳でいっそオールシーズンタイヤにしちまうかと思ったのですが・・・


高い!!


色々と探していると、コンチネンタルのエクストリームコンタクトDWS06ってのがあって、コレがやたらと安い。
DWSは、「ドライ」、「ウエット」、「スノー」の略で、オールシーズンタイヤを謳ってはいないが、
一応軽い雪なら走れるらしい。
実際に雪道を走ったユーザーが動画をyoutubeにアップしたのを見てみたら、まぁ意外とイケそう。

そんな事で物は試しで交換してみました。

e0245601_12332109.jpg
 


スタッドレスのようなタイヤパターンからして、結構うるさいのかと思っていたのですが、
意外にも5年経過したグッドイヤーとほぼ変わらないレベル。
そして、乗り心地はソフトで柔らかいがコーナーもしっかり曲がる。
悪くないじゃないの。
まぁ5年経過したグッドイヤーが固くなっていたんでしょうけどね。





e0245601_12333486.jpg


あとは雪道がどうかですが、交換したタイヤ屋さんの話では

「あまり期待しない方が良いですよ」

・・・・・らしい。

ま、いよいよダメだったらスタッドレスに履き替えるけどね。





e0245601_12335087.jpg


しかし、家内の116iのプレミアムコンタクト2もそうなのですが、
コンチネンタルのタイヤってやたら角が丸い気がするんだよな。



e0245601_12340098.jpg


見た目はさすがにグッドイヤーの方が良いな。


[PR]

by pasartown2 | 2018-11-03 12:56 | | Comments(0)

時代の終焉・・・

オートエアコンの不調は「車内温度センサー」の不良で、パーツ交換であっけなく修理完了。
まさかディーラーが部品を在庫していてその場で修理が終わるとは・・・・。
超希少車のアベンジャーだったら考えられない事ですな。

しかしこのオートエアコン、風量や吹出口の位置はマニュアル操作できるのですが、
温度設定はこの「車内温度センサー」が司っているようで、不調時は「MAX」にしても
風は強くなるものの冷たかったり冷たくなかったり・・・・。
便利な機能もこうなると逆に不便だ。

でもこの「車内温度センサー」が不良の状態でのオートエアコン、風向きが勝手に変わったり、強くなったり弱くなったり、内気循環と外気を頻繁に切り替えたりと、
動画でも撮っておけば良かったと思うくらいに面白い動きでした。
ま、保証期間中の故障で良かったです。


さて、最近ビックリしたのがこの新型クラウン・・・
e0245601_11325429.jpg
セダンじゃねぇのかよ!!!

4シリーズやCLSのようなこのクーペスタイルがクラウンだって?
ボディバリエーションのひとつじゃなくて、全グレードがこのカタチ・・・。
日本を代表する歴史あるセダンのクラウンが3ボックスのスタイルを捨てるとは・・・。

セダンの時代の終わりですな。

いや、とっくに終わっていたか。

ま、考えてみれば今やレクサスLSがかつての「いつかはクラウン」の位置にいる訳だから、
あえてクラウンをセダンにしておく必要もないのかもね。

昔は車と言えばセダンが当たり前で、クーペなんて若い人の乗り物、ワゴンやバンは商用車ってイメージだったけど、今や周りはミニバンか軽ワンボックスばかり・・・
時代は変わったんだな。

しかし、だったらなぜ今だに教習所の車はクルーとかクラウンコンフォートとか、絶滅危惧種のセダンの中でも更に影が薄い5ナンバーセダンなのかね?
現実的に免許を取得したらまず乗るであろう軽ワンボックスや5ナンバーミニバンにすれば良いのにね。

教習所業界とメーカーの癒着か?
なんて勘ぐっちゃったりして。

[PR]

by pasartown2 | 2018-08-12 11:46 | | Comments(0)

異常気象!

e0245601_15242337.jpg
外気温度計が…

50℃!


この異常な数値でオートエアコンが狂ったように風を吹き出していたのですが…


どうやら何かセンサーが逝ってしまったようです。

エアコンの効きがおかしい…。


とりあえず明日はディーラーへ…。

[PR]

by pasartown2 | 2018-08-03 15:23 | | Comments(0)

リコール連発・・

本当にありがたい事に多忙な日々です。

その多忙な時にリコールが連発・・・・・。


e0245601_12114460.jpg

つい先日オルタネーターを交換したばかりなのに、
今回は助手席側エアバッグのインフレータ交換だってさ。

ま、無償で新品パーツに交換は良いですけどね、

e0245601_12120145.jpg
このオルタネーターだって純正品はヤフオク価格でも10万円近くするし、
エアバッグのインフレータなんてユニット交換みたいだから、きっともっと高いはず。
それが無償なんだから、まぁありがたいと言えばありがたい。

でもディーラーに行くのが面倒クセーなぁ。


あ、そう言えば来月は車検だった!
エアバッグのリコールなんて急ぐ事でもないし、
車検の時についでにやってもらおう。




[PR]

by pasartown2 | 2018-05-01 12:26 | | Comments(0)

暖かかったので、

ご近所の誰よりも早く、
スタッドレスを脱ぎました!

e0245601_17233655.jpg
今年はもう雪は降らない!

降ってもすぐ溶ける!

と信じて‥‥。


e0245601_17234959.jpg
しかし45扁平は見た目は良いものの、
さすがに継ぎ目を拾いますね。
ハンドルも倍くらい重くなった感じ。
ま、すぐに慣れるでしょうけどね。


もう雪‥‥  

降るなよ。


[PR]

by pasartown2 | 2018-02-25 17:30 | | Comments(0)

クラシックデザイン

この300、
ごく小さくて申し訳程度ですが、


e0245601_09424675.jpg

実はテールフィンがあります。




テールフィンと言うよりは、


e0245601_09425945.jpg

60年代後半から70年代前半の、
「テールフィンの名残り」


2本のプレスラインでボディ両端のエッジを強調している所とか、


e0245601_09433232.jpg


逆コの字型にテールをグルッと囲うラインとか、


e0245601_09431545.jpg

この車には至るところに
往年のアメリカ車のデザイン手法が採り入れられていて面白いです。


アメリカが最もアメリカらしかった時代、
イコール
アメリカ車が一番アメリカ車らしかった時代。

後ろを振り返るのではなく、
プライドを持ってリスペクトしてるんでしょうな。

リアビューは74年のニューポートにそっくりです。

e0245601_09434612.jpg

e0245601_09435552.jpg

[PR]

by pasartown2 | 2018-02-04 10:02 | | Comments(0)

ザイモール・チタニウム・グレイズ

8/11(金)、小雨が上がりドン曇り。季節はずれの肌寒さ‥‥。

コイツを試すチャンスだ!

e0245601_10021973.jpg

まずは普段より強めのシャンプーでじっくりと洗車。


e0245601_10035002.jpg

「ツヤエキ」がまだ十分に水を弾いています。

e0245601_10043668.jpg

拭き上げるとこんな感じ。
よほどの洗車マニアでなければ満足する状態ですが、


e0245601_10044840.jpg

せっかくの好条件な天気だし、やったるぜ!


下処理剤のHDクレンズ。
通称「悪魔のチョコレート」


e0245601_10051908.jpg

なぜ悪魔かと言うと、完全に乾いてしまうと
地獄的に拭き取りづらいから。


e0245601_10052919.jpg

本当にチョコレートの香り。


塗っては拭き取ってを繰り返し、


e0245601_10054404.jpg

甘い香りに誘われて寄ってくる虫と闘いながら
下地処理が完了。

e0245601_10055737.jpg

ピカピカですが、


e0245601_10061398.jpg


ここでやめてしまうと後々ヒドイ事になってしまうらしい。
まぁ塗装面が剥き出しの状態だもんね。


既にかなりの疲労度ですが‥‥、

ここからが本番です!!!


e0245601_10062681.jpg

またまた塗っては拭き上げを繰り返し、

洗車開始から実に5時間。


完了しました!!


e0245601_10063803.jpg

e0245601_10065250.jpg
写真で見ると下処理後の状態とあまり変わりませんが、
手触りはツルツル、表面は鏡のように景色が映り込みます。

施工後のボディを「クリアの層が一段増したかのような輝き」
と称されている方がいましたが、まさにそんな感じ。
大げさですが、ボディカラーが少し明るくなったかのようにも思えます。

値段と‥‥
5時間の価値はありますね。

でも正直、月イチはキツイな。
メーカーも、「HDクレンズは半年~1年の間隔での使用で十分」
とアナウンスしているので次回はワックスだけにしよう。


別売りの専用スポンジ、

専用だけあって本体にピッタリ収まります。


e0245601_10070074.jpg




[PR]

by pasartown2 | 2017-08-13 10:36 | | Comments(0)

禁断の・・・・・

開けてはいけないパンドラの箱を・・・・・



e0245601_11524007.jpg


開けてしまった!!!


e0245601_11530638.jpg


うやうやしく巾着袋に入った、まるで高級コスメのようなコイツが


e0245601_11530702.jpg


超高級カーワックスとして名高い、『ザイモール』


e0245601_11530846.jpg


とはいえ一般庶民の私にはザイモールの中でもピンキリのキリの方、
『チタニウムグレイズ』が精一杯ですが、
それでもこの3点セットで¥15,000・・・・・。

そして何とピンキリのピンの方はその実に100倍!
カーワックス1瓶で¥1,450,000だってんだからもう笑うしかありません。
何でもブガッティ用に作られたとかで、
貴重なホワイトカルナバをふんだんに使っているため非常に固く、
ワックスを手のひらで温めながら塗るらしい・・・・・。
手のひらにワックス塗って車を撫でていたらまるで変質者だぞ。

ちなみになぜ禁断のパンドラの箱かと言うと、
施行に非常に手間がかかり、
洗車→下地処理→ワックスで半日は覚悟しなくてはならないらしい。

しかもガラスコーティングのような耐久性はないので、
艶を保つためには月イチくらいのペースでの施行が必要になるとか。

だが一度その艶を体験してしまうと、
もう他のワックスやコーティングには戻れなくなりハマってしまうらしい。



この価格のワックスを月イチで・・・
非常に不経済と思われるかも知れませんが、
実はこのワックス、固いのでなかなか減らず、月イチ施行でも
3年位は使えるそうなので考えてみれば経済的とも言えます。
ただ、体力は消耗しますがね。


さて、開けてしまったからには使ってみたいところですが、
この気温でのワックスがけは失敗が目に見えているし、
先日ツヤエキを施行したばかりなので秋口になってからですな。






[PR]

by pasartown2 | 2017-08-04 12:10 | | Comments(0)

ツヤエキ

一部の洗車マニア?の間で絶大な人気の「ツヤエキスパート」
略して「ツヤエキ」


e0245601_11051274.jpg


使ってみました。







e0245601_11053571.jpg



うん、DIYのコーティング剤としてはかなり高いレベルですな。


e0245601_11052492.jpg



プロ用と同様の2液混合で多少手間はかかりますが、
「洗車が趣味」の私には全く苦になりませんな。


e0245601_11060830.jpg



だがメーカーは一体どんな基準で容量を決めているのか?
中・大型車用を購入して、説明書通りに施工したら
半分以上余ったぞ!

しかも一回混合してしまったら使い切りで保存は出来ないとの事‥‥。

次回は小型車用で十分だな。


e0245601_11055058.jpg

[PR]

by pasartown2 | 2017-07-16 11:28 | | Comments(0)

撤退?

e0245601_13290123.jpg
するのかしないのか‥‥
ハッキリした結論は出ていないようですが、
フォードに続いてクライスラーまで‥‥
寂しい限りですな。

とは言え既に300Sしか売っていなかった訳だし、
ほぼ撤退してようなモンだったからな。

e0245601_13291225.jpg
思えば昔はあのネオン、ボイジャー、グラボイ、ビジョン、PTクルーザーに
クロスファイアと沢山の車種が正規販売されていたのにね。

ヤナセだって今はなきポンティアックもあったしビュイックもあった。

そういえばサターンだって日本にディーラーがあったんだもんなぁ。

「日本経済の低迷によりアメリカ車が売れなくなり、2016年の販売台数は
 全盛期のおよそ60分の1の約300台にまで減少した」

って経済新聞に書いてあったが、300Sだけで年間300台‥‥。

結構健闘してんじゃん! 
もっとずっと少ないと思っていたぞ。
e0245601_13292184.jpg

[PR]

by pasartown2 | 2017-06-25 13:44 | | Comments(0)