50代はのんびり。

300が納車。


e0245601_11022745.jpg



今回の乗り換えは、アベンジャーの車検切れのタイミングもあったのですが、
実は50代という節目を迎えた自分への記念の意味もあったのです。
(ご褒美と言えるような大した事はしていないので決してご褒美ではない)

さて、自分の50代をどんな50代にするか。
別に乗っている車で決まる訳ではありませんが、
田舎暮らしの私には毎日使う、生活のそこそこ大きな要素の物なのでかなり悩みました。

とは言え、気になる車で予算と社用車としての諸事情に合う物となると限られ、
最終的にはホワイトのボルボS60T6AWDポールスター(長い名前だ)と
このシルバーの300の二者択一となりました。

この二者択一、全くキャラクターの異なる2台なので
さすがに決めかねましたね。

S60の330ps、トルク55kgはまさに未知の領域で
4WDも乗ったことがなかったので走りの点では断然こっちでした。
色も乗りたかったホワイトでオシャレな感じ。

対して300は車重から考えると凡庸なスペックですし、
性能面ではS60に勝る物は何も見当たりませんでした。
色もカマロ、アベンジャーとシルバーだったので
また同じシルバーってのもちょっとなぁと言う感じでした。

ですが300の実車を見た途端、写真では解らなかったプレスラインが織り成す
クラシカルで優雅なデザインに強烈に惹かれました。

性能なんてどうだって良いからコレに乗りたいと、
どエライ性能で小回りの効くS60をヒュンヒュンかっ飛ばす50代より
このクラシカルな300で低回転域でのんびり、
かと言って流れを乱すわけではなく,
優雅に走る50代で行こうと思ったのです。
仕事はセカセカでも車に関してはこっちの路線で行こうと購入を決めました。


さて実車ですが、8ATはやはりスムースでシフトアップが早く
思ったとおり街中では低回転域だけで十分走ります。


e0245601_11025910.jpg



ちなみにこのZF社の8HP45というATですが、
隣の家内のF20 116iと全く同じATです。


e0245601_11024471.jpg

当然ギヤ比も全く同じですが、2台を乗り比べられる環境の私の感想では
明らかに116iのダウンサイジングターボエンジンの方が
このATにマッチしています。
エンジンのオイシイ所で軽快にシフトアップして気持ち良く走る。
300のペンタスターではトルクが出る前にシフトアップしちゃって
エンジンの1/3くらいしか使っていない感じ。

と言うか1、3、5シリーズとBMWの主力車種ほとんどが搭載するこのAT、
おそらくBMWのダウンサイジングエンジンの為に作られたATなんでしょう。
きっとクライスラーは出来上がったモノを売ってもらったんだろうな。

まぁのんびり走ると決めた私にとっては願ったり叶ったりですけどね。



e0245601_11033457.jpg

ローグレードなのでファブリックのシートですが、



e0245601_11034858.jpg




インテリアの質感はアベンジャーより数段上。



さて、今日ものんびりと走るか。

















[PR]

# by pasartown2 | 2017-04-30 12:21 | | Comments(0)

'08 DODGE AVENGER SXT

最後の洗車を終え、私物を出し、
旅立つ準備完了。

e0245601_15372565.jpg

このアベンジャーが納車されたのは2011年9月3日。
奇しくもミンクがこの世に生を受けたその日でした。
ミンクに初めて出会った時に運命的な物を感じたっけ。

あれから5年半・・・・・。

18歳で免許を取得後数十年、
様々な車を乗り継いできましたが、
この車が一番長い期間乗った事になるんだな。

e0245601_15381150.jpg

こうして改めて眺めると、ダッジブランドらしく、
かなりスポーティーな方向へ振ったデザインだった事がわかります。
実力はともかく、見てくれだけはかなり速そうに見える。



大きな目。

e0245601_15381259.jpg

リアのドアハンドルさえなければクーペに見えるルーフライン。

e0245601_15381111.jpg

これまた大きなテールランプとほとんど使う事がなかったリアフォグ。

e0245601_15381018.jpg


ATレンジの切り替えがカチカチッと小気味良く決まるシフター。
だがMTモードでの切り替えに対する反応は緩慢でした。


e0245601_15381205.jpg


今は無きダイムラークライスラー製。

e0245601_15381088.jpg



まぁとにかくこの車、天下の希少車だけあり、
良くも悪くも目立った事だけは確かでした。

なんたって5年半の間に同じ車を見かけた事は10回にも満たないし、
このブライトシルバーのアベンジャーを見た事は1回もありませんでした。
購入時に『この色は本州に1台』と言われたのも事実だったんでしょうね。

価値は無くとも希少性は高かったこの車。
センサー類などのマイナーなトラブルはありましたが、
動かなくなるような大きな故障は一度もなく今まで乗った車の中では優等生でした。
運転席のドアが開かなくなったのが一番困った故障だったくらい。

ただ一つ、今時ATが4速なのはやはり辛かった。
高速ではまだしも街中がね。
せめて6速だったらまだ手放さなかったと思います。

それ以外は本当に良い車だった。

とうとう明後日でお別れです。
ちょっと寂しい気もしますな。





[PR]

# by pasartown2 | 2017-04-24 16:16 | | Comments(0)

アベンジャー・ラストドライブ

ムムッ・・これは何やらお出かけの予感!

e0245601_13121813.jpg


そうだミンク、久々に温泉に行くぞ!

このアベンジャーでの最後のロング?ドライブだ!

e0245601_13131314.jpg

ビューンと突っ走り、到着したのが
『草津温泉 湯の宿 音雅』

e0245601_13132432.jpg


ワンちゃんOKの素敵な温泉宿です。

リードを着用していればロビーでのチェックインも一緒にOK。

e0245601_13125039.jpg


部屋ではリードフリーでのびのびと

e0245601_13133628.jpg


専用ドッグランはまだ雪で残念な状態でしたが

e0245601_13134901.jpg


高原のマイナスイオンを浴びながら周囲をお散歩。

e0245601_13140166.jpg


個室での食事ではお姉さんに駆け寄り大はしゃぎなミンク。仕事中に迷惑だぞ!

e0245601_13141295.jpg


そして視線はしゃぶしゃぶの牛肉をロックオン!

e0245601_13142343.jpg


もちろん完食されました。

こちらの『音雅』さん、本当にワンちゃんに優しい素敵なお宿でした。
そしてさすが草津、万代鉱源泉掛け流しのお湯はポカポカに温まり、
肌はスベスベになりました。
ワンちゃんOKの本格温泉宿はまだまだ少ないし、
今度はドッグランが使える季節にまた行ってみたいです。



帰りは気持ちの良い快晴。

e0245601_13143500.jpg


高速少し、信号の少ない一般道メインで燃費はこんな数値。

e0245601_13144407.jpg


9年落ち、走行7万キロオーバーのアメリカ車としては上出来だと思います。

5年半の歳月を共に過ごした希少車アベンジャー。
いよいよあと1週間でお別れか・・・・・。




[PR]

# by pasartown2 | 2017-04-19 13:50 | | Comments(0)

検討中。

てるみくらぶ‥‥危なかった!
実は昨年ここでベトナムツアーを予約して、半年以上先のツアーなのに全額振り込んじゃったんだよね。

結局キャンセルして他の旅行会社でバリに行ったんだけど、返金は3週間後‥‥。
思えば末期状態だったのか。
まぁ私は助かりましたが、被害に遭われた方は本当にお気の毒です。


さて、5年半程乗ったアベンジャーですが車検が5月に迫り、只今乗り換えを検討中。

アベンジャーに不満は無いが、車検を通すのであればジャダーが出ているブレーキディスクを交換したいし、
ヘッドライトも外してある純正をカスタムして戻したいし、
最近エンジンの掛かりが悪い時もあるし、何だかんだとかなりお金がかかりそう。
バッチリの状態にしてあと2年乗るかとも思いましたが、ちょうど年度替わりで自動車税の切れ目だし、
乗り換えの方向で考えています。


そこで次なるクルマですが、
実はず~っと前から次に乗るクルマはマスタングのV6の、2009年モデルのディーラー車の
ポニーパッケージの白と決めていました。
e0245601_14460347.jpg

ずっと探していたのですが、ま、ここまで細かい条件だと探してもある訳ない。
しかもこの「ヘリテイジ・マスタング」
どういう訳か異常な程に中古車相場が高い!

まぁ、現在の住環境では左ハンドル車は物理的に無理だし、
社用車で2ドアは税理士がうるさいし、
ディーラーも撤退しているしで今回はパス。


償却の早い3年10ヶ月以上落ちの中古車で、
正規ディーラー車で、近場にディーラーがあって、
しかもセダンで右ハンドルとなると選択肢はぐっと狭まって、

メルセデスやBMWやジャガーはもちろん良いのだが予算オーバー。
国産にも食指を動かされるクルマが見当たらない。



思い切ればコイツなんだけど

e0245601_14462461.png
残念ながらいかんせん手が届く価格帯ではない。



動力性能の面ではコレのT6 AWD のポールスターが気になるが
e0245601_14461597.png
329ps、トルク49kgはスピード違反で捕まえてくれと言っているようなモンだしな~。
いや、大人しく乗れば良いのかも知れないが、乗ったら絶対に実力を試したくなるよね。



そこで結局は「消去法」でコイツになりそうな感じ。
e0245601_14463440.png


先代はちょっと乗るのに抵抗がある程の下品さでしたが(そこが売りですけどね)
現行モデルはノーマルの状態で乗れば結構上品な感じだし、
価格もこなれているし、なんと言ってもアベンジャーに
他メーカーではゼロの可能性大な「下取り価格」を付けてくれそうだしね。

てな訳で早速明日実車を見に行く予定。

だが内心ボルボのとんでもない動力性能も捨てがたいと思っています。

う~ん、どうするべきか‥‥。



[PR]

# by pasartown2 | 2017-04-01 15:34 | | Comments(0)

R.I.P

e0245601_09042580.png
セミアコとダックウォークに憧れて‥‥
ギブソンES-335ならぬヤマハのSA-700を買ったのが高校1年の春。

「トーキョー・セッション」はヘビロテで聴いた。

チャララチャラララララララ

チャックは逝ってもフレーズは残る。

それにしても「My Ding a Ling」の訳詞を見た時はビックリした。
コレを会場で大合唱させていたとは‥‥。

ベリーナイスだぜ、チャック。


[PR]

# by pasartown2 | 2017-03-20 09:21 | 日常 | Comments(0)