ダメ元で

依然、「カードが挿入されていません」が聞こえてくる時があった。
どうにも気になるので色々と調べてみたのだが、ハッキリとした答えは見つからない。

だが、セキュリティの関係だとしたらOFFにさえ出来れば良いはず‥‥‥。
アベンジャーのセキュリティはドアを閉めた直後にロックボタン高速4回押しで
OFFに出来たけど、同じメーカーとは言え違う車だしなぁ、
しかもスマートキーだし、無理だろうなぁと思いつつダメ元で4回押し。



ピーッ。

e0245601_12482921.jpg

OFFに出来るじゃん!!

そしてオートアクセサリーが切れた頃を見計らってドアノブを触ると‥‥。

反応しない!

手を入れようが撫で回そうが反応しないぞ!
やった!


その後駐車時には必ず4回押しですが、ひとりでに電源が入り
「カードが挿入されていません」が聞こえてくる事はなくなりました。
あ~良かった。



って、
e0245601_12484109.jpg
取説に書いてあるじゃん!

ん、超音波式侵入センサ?

コレを調べてみると、
アベンジャーの赤外線センサーのように動く物を感知するのではなく、
湿度の変化を感知するそうな。

そう言えば‥‥。
洗車時にカーマットを洗って半乾きのまま敷いたり、
ミンクを乗せた後にシートが濡れるまでファブリーズを
ベッチョリ噴射したりした後に症状(?)が起きていた気がする。

取説には書いていないが、この超音波式侵入センサ、
感知するとまずメーターパネルを光らせて警告するのかね?
それでも侵入しようとするとホーンを鳴らすとか‥‥。


ま、とりあえずこの件は解決したのでヨシ。

と思ったが、

OFFって事はイザって時にはセキュリティが作動しないって事だな。
う~ん、良いのか悪いのか。


話は変わりますが、コイツはウマイ!
まずいビール(?)よりよっぽどウマイぞ!
e0245601_13073207.jpg




[PR]

# by pasartown2 | 2017-05-20 13:21 | | Comments(0)

カードが挿入されていません。

初めに申し上げておきますが、今回は長いです。
そして、この症状は発生しても大した実害はないです。
厳密に言えばバッテリーの寿命をほんの少しばかり短くするかも知れませんが、
まぁそんな程度です。

最近では軽自動車でも標準装備化しているキーレスエントリーですが、
便利な反面、少々の煩わしさもあります。
特に洗車時。

キーレスのキー(変な言い方だ)を持ったまま洗車しようものなら、
ドアノブに水が掛かる度にロック、アンロックを繰り返し、
うっとうしい事この上ない。
拭き上げ時もドアノブを触るたびにガチャガチャ言う。

まぁコレはアンロックの状態でキーを離れた場所に置いて洗車すれば
防げる事なのですが‥‥‥。

問題はオートACCでETC装備の車の場合です。
ドアを開け閉めする度にアクセサリー電源がオンオフを繰り返す。
だからドアの内側を拭いたり、マットを洗うのにドアを開閉すると
ETCの電源が入って切れて

「カードが挿入されていません。」

が流れる。

気にしなければ良い事ですが、うっとうしい。


さて300ですが、キーレスでオートACCな上に
オフに出来ないセキュリティが付いています。
そしてETCは標準装備ではなくディーラーオプションです。

この豪華で親切な組み合わせが今回の不具合?を生み出しました。


連休初日の3日の事。
「カードが挿入されていません」を聞きながら洗車を終え、
ドアノブのボタンを押してロックしました。
庭の草むしりなんかしていると、
「カードが挿入されていません」
えっ?空耳?

しばらくするとまた
「カードが挿入されていません」

車に近づいて見ていると、メーターが一瞬青く光り、

e0245601_13065642.jpg

「カードが挿入されていません」


オカシイ‥‥。
キーレスでロックを解除して、運転席に座ってドアを閉めると

「カードが挿入されていません」

まぁコレはドアを開閉したから正常なのですが、
数分後、またメーターが青く光り、

「カードが挿入されていません」

コレはオカシイ、明らかにオカシイのでディーラーに連絡すると
「調べまして折り返し連絡します」との事。
その後も数分~数十分おきに症状が発生しました。

常時電源の接触不良かな?とも思いましたが、瞬断する訳ではなく、
逆に瞬間的に電源が入るのだから接触の問題とは考えづらいなぁ
などと考えているとディーラーから電話。

「調べた所、その症状は既に何件か報告が上がっていまして‥‥」

何でも同じ症状がもっと頻繁に起きるオーナーがいて、
メーカーが車を工場に持ち込んで徹底的に検証したのだが、
工場では一切症状が起きずに原因不明。
オーナーの元に帰された途端にまた再発したそうな。

その原因は、「電波干渉」

オーナーの家のすぐ近くにコインパーキングがあり、
ゲートを開閉するセンサーがキーレスと同じ周波数で
キーのロック、アンロックこそしないもののACC電源のオンオフが起きてしまい、
「カードが挿入されていません」が延々と鳴ったのだと言う。
そして、ETCは標準装備品ではなくオプションであり、
メーカーとしても「車を違う場所に置いて下さい」としか
言いようがないのだそう。

だから近くに電波干渉しそうなモノがあるかどうか、また、
別の場所でも症状が起きるかどうかを確認して下さい。との事。
ただ、接触の可能性もゼロではないので確認のため、時間のあるときに
近くのディーラーへ入庫して下さい。と。

電波干渉????

確かにここには真ん前にこんなモノがデーンとあるし、
e0245601_13063138.jpg
電柱に付けたセンサーライトも

e0245601_13054979.jpg

カーポートのLED照明もあるし、

e0245601_13060398.jpg
電波に障害を与えそうなモノが揃っていると言えば揃っている。

だが、私の場合、頻繁に症状が起きたのは5月3日だけで、
その後はピッタリ収まっている。

あれから毎日、連休で時間があるので車の近くにいて確認しているが、
メーターも青く光らないし、
「カードが挿入されていません」も聞こえてこない。



実はこの症状、人為的に再現が可能で、
キーがロックされ、セキュリティがスタンバイした状態で
ドアノブの後ろに手を入れると発生する。

e0245601_13070900.jpg
ディーラーからは、現行300の特性としてドアノブに手を触れただけで
電源が一瞬入ると聞かされていたが、触れなくても手を入れただけで入る。

何かコレが関係している気がしてならない。

そしてアレコレ調べてみると、セキュリティがスタンバイの状態になると
運転席と助手席のドアノブの内側に静電気が流れ、
ここに手を入れると反応して電源が入り、
さらにこじ開けようとするとセキュリティが作動するらしい。
だが電源が入っても何も起きなければ
バッテリー保護のため数秒で電源は切れる。

そして、セキュリティとナビとETCは同じ回路なので
反応した場合ナビとETCにも電源が入って切れる。

素人考えではナビとETCはイグニッション連動(エンジンが
かかっている時だけ作動)にすれば良いように思うが、
実はナビもETCもバックアップが必要だからダメなんだよね。


さて静電気?

すると微弱な磁波の乱れや異物でも電源が入るって事か。

ならば洗車後の水滴が原因か?

いや、確かにあの日洗車後に症状が現れたが、水滴が原因ならば雨の日に
日本中のオーナーがそうなるはずだもんな。

だとするとやはり電波干渉?
キーレスの周波数は315MHzで、取説にはご丁寧にも
「この装置は、望ましくない作動を引き起こす可能性のある電波障害も含め、
あらゆる干渉を受信します」と書かれている。
315MHzを調べてみると、ラジコンのオモチャやユニック車のラジコンも
使っている周波数だ。

たまたま3日の日に近所の子供がラジコンで遊んでいたのか?
近所で工事していてユニックをラジコンで操作していたのか?

う~ん、今となっては原因不明としか言いようがないな。
まぁ症状も収まったのでスッキリしないが良しとするか。



と、この症状の原因追求を諦めかけていたのでしたが、
本日の洗車時に思い出しました。

そう言えばあの日、洗車をしていたらボディにてんとう虫がいた。

てんとう虫でないとしてもこんなのや、
e0245601_13061720.jpg
こんな小さなヤツでも
e0245601_13072026.jpg
ドアノブとボディの間を通ったら反応するんじゃね?

試しに小指一本を通して見ると‥‥。



ハイ、反応しました。

多分‥‥コレだぞ。

ってかETCの音声案内切っておけば気付きもしない事ですがね。








[PR]

# by pasartown2 | 2017-05-07 14:36 | | Comments(0)

荻窪公園へ。

e0245601_07523107.jpg

連休だし、たまにはいつもと違う公園に行ってみようと
自宅から10km程の荻窪公園へ。


結構広いな。

e0245601_07524591.jpg

階段を発見すると、なぜか必ず登りたがるミンク。

e0245601_07525679.jpg

沼もあり、

e0245601_07531204.jpg

キレイに整備されていて歩きやすいです。

ここから程近い大室公園に比べるとやたら洗練された感じ。

e0245601_07532242.jpg


アジサイの見頃にはメチャクチャ混むんでしょうけど、


e0245601_07533593.jpg

今はアジサイの「ア」の字もないし、隣接されている道の駅や
日帰り温泉の営業時間外(早朝5時半ですから)なのでガラガラです。

e0245601_07535680.jpg

ゆっくり一周して45分程。
前々からここに公園がある事は通りかかって知っていたのですが、
道路から見ると小さな公園に見えたので立ち寄る気になれませんでした。
こんなに大きな公園だとは思わなかったよ。
ここは静かだし、歩きやすいし、
ミンクも気に入ったようなので新たな散歩コースのひとつに加えよう。


さて、納車後一週間が経過した300ですが、
最初こそ3m超えのホイールベースに戸惑ったものの
今ではすっかり慣れて車庫入れも一発です。
アレですね、車体感覚って長さや幅はスグに掴めますが、
ホイールベースは掴むのに少し時間が必要ですね。

それと、車重やタイヤの太さのせいでしょうか、
この車、パワステが結構重いです。
家内から「軽すぎる」と評される116iとは比べるまでもないですが、
FFのアベンジャーと比べても重いです。

通常の走行では気になりませんが、
低速での車庫入れの際に感じますね。
まぁ、「シッカリとした操作感」と言えばそれまでですが。

と言うか、もしかしたら車速が上がると軽くなる設定なんですかね?

昔気質の私は重いのもキライじゃないですから良いですけどね。



白線ギリギリ

e0245601_07534734.jpg




[PR]

# by pasartown2 | 2017-05-03 08:28 | 日常 | Comments(0)

50代はのんびり。

300が納車。


e0245601_11022745.jpg



今回の乗り換えは、アベンジャーの車検切れのタイミングもあったのですが、
実は50代という節目を迎えた自分への記念の意味もあったのです。
(ご褒美と言えるような大した事はしていないので決してご褒美ではない)

さて、自分の50代をどんな50代にするか。
別に乗っている車で決まる訳ではありませんが、
田舎暮らしの私には毎日使う、生活のそこそこ大きな要素の物なのでかなり悩みました。

とは言え、気になる車で予算と社用車としての諸事情に合う物となると限られ、
最終的にはホワイトのボルボS60T6AWDポールスター(長い名前だ)と
このシルバーの300の二者択一となりました。

この二者択一、全くキャラクターの異なる2台なので
さすがに決めかねましたね。

S60の330ps、トルク55kgはまさに未知の領域で
4WDも乗ったことがなかったので走りの点では断然こっちでした。
色も乗りたかったホワイトでオシャレな感じ。

対して300は車重から考えると凡庸なスペックですし、
性能面ではS60に勝る物は何も見当たりませんでした。
色もカマロ、アベンジャーとシルバーだったので
また同じシルバーってのもちょっとなぁと言う感じでした。

ですが300の実車を見た途端、写真では解らなかったプレスラインが織り成す
クラシカルで優雅なデザインに強烈に惹かれました。

性能なんてどうだって良いからコレに乗りたいと、
どエライ性能で小回りの効くS60をヒュンヒュンかっ飛ばす50代より
このクラシカルな300で低回転域でのんびり、
かと言って流れを乱すわけではなく,
優雅に走る50代で行こうと思ったのです。
仕事はセカセカでも車に関してはこっちの路線で行こうと購入を決めました。


さて実車ですが、8ATはやはりスムースでシフトアップが早く
思ったとおり街中では低回転域だけで十分走ります。


e0245601_11025910.jpg



ちなみにこのZF社の8HP45というATですが、
隣の家内のF20 116iと全く同じATです。


e0245601_11024471.jpg

当然ギヤ比も全く同じですが、2台を乗り比べられる環境の私の感想では
明らかに116iのダウンサイジングターボエンジンの方が
このATにマッチしています。
エンジンのオイシイ所で軽快にシフトアップして気持ち良く走る。
300のペンタスターではトルクが出る前にシフトアップしちゃって
エンジンの1/3くらいしか使っていない感じ。

と言うか1、3、5シリーズとBMWの主力車種ほとんどが搭載するこのAT、
おそらくBMWのダウンサイジングエンジンの為に作られたATなんでしょう。
きっとクライスラーは出来上がったモノを売ってもらったんだろうな。

まぁのんびり走ると決めた私にとっては願ったり叶ったりですけどね。



e0245601_11033457.jpg

ローグレードなのでファブリックのシートですが、



e0245601_11034858.jpg




インテリアの質感はアベンジャーより数段上。



さて、今日ものんびりと走るか。

















[PR]

# by pasartown2 | 2017-04-30 12:21 | | Comments(0)

'08 DODGE AVENGER SXT

最後の洗車を終え、私物を出し、
旅立つ準備完了。

e0245601_15372565.jpg

このアベンジャーが納車されたのは2011年9月3日。
奇しくもミンクがこの世に生を受けたその日でした。
ミンクに初めて出会った時に運命的な物を感じたっけ。

あれから5年半・・・・・。

18歳で免許を取得後数十年、
様々な車を乗り継いできましたが、
この車が一番長い期間乗った事になるんだな。

e0245601_15381150.jpg

こうして改めて眺めると、ダッジブランドらしく、
かなりスポーティーな方向へ振ったデザインだった事がわかります。
実力はともかく、見てくれだけはかなり速そうに見える。



大きな目。

e0245601_15381259.jpg

リアのドアハンドルさえなければクーペに見えるルーフライン。

e0245601_15381111.jpg

これまた大きなテールランプとほとんど使う事がなかったリアフォグ。

e0245601_15381018.jpg


ATレンジの切り替えがカチカチッと小気味良く決まるシフター。
だがMTモードでの切り替えに対する反応は緩慢でした。


e0245601_15381205.jpg


今は無きダイムラークライスラー製。

e0245601_15381088.jpg



まぁとにかくこの車、天下の希少車だけあり、
良くも悪くも目立った事だけは確かでした。

なんたって5年半の間に同じ車を見かけた事は10回にも満たないし、
このブライトシルバーのアベンジャーを見た事は1回もありませんでした。
購入時に『この色は本州に1台』と言われたのも事実だったんでしょうね。

価値は無くとも希少性は高かったこの車。
センサー類などのマイナーなトラブルはありましたが、
動かなくなるような大きな故障は一度もなく今まで乗った車の中では優等生でした。
運転席のドアが開かなくなったのが一番困った故障だったくらい。

ただ一つ、今時ATが4速なのはやはり辛かった。
高速ではまだしも街中がね。
せめて6速だったらまだ手放さなかったと思います。

それ以外は本当に良い車だった。

とうとう明後日でお別れです。
ちょっと寂しい気もしますな。





[PR]

# by pasartown2 | 2017-04-24 16:16 | | Comments(0)