カテゴリ:車( 66 )

さらば、二代目相棒。

屋号を剥がされ、ナンバーを外され、
どことなく寂しげな二代目相棒。
e0245601_1118679.jpg


しかし、まさかヤフオク出品後僅か1分で即決依頼が2本も入るとは!
しかもこちらの目論見の1.5倍で売れるとは!
あまりの人気ぶりにビックリですな。

どうやら抹消されて遠い異国へと旅立つ事になるようですが、
昨今の異常なまでの円安からして‥‥ 
業者さんは儲かるんでしょうなぁ~。

即決しなければもうちょっと高く売れたかもなぁ~‥‥

イヤイヤ、早く決まったんだし御の字御の字。


最後まで孝行してくれた二代目相棒。
異国での第二の人生?を全うしてくれ。
いつかどこかの国で再会できるといいな。
e0245601_1127625.jpg

[PR]

by pasartown2 | 2014-11-23 11:29 | | Comments(0)

三代(台?)目相棒。

朝焼けの中で二代目とツーショット(笑)
e0245601_8484217.jpg


先週スタートしたばかりのご当地ナンバー!
自分の車で初めて見ました。
e0245601_8503961.jpg


陸送やらなんやらで少し増えましたが未だ走行1700km!
e0245601_8493542.jpg


11年前の車なのに車内からはかすかに新車の香り・・
e0245601_8515783.jpg

やっぱり小排気量車にはマニュアルです!小気味良く走ります。

足回りのステッカーもまだキレイに残っています。
まるでタイムスリップして来たかのようですな。
e0245601_8544126.jpg


そしてこのKM70系トラック最大の特長?
日本一の歴史を誇るトヨタK型エンジン!!
e0245601_854498.jpg

日産のA型エンジンに対抗して作られたこのエンジンは
1966年発売の『初代カローラ』に搭載されたのを皮切りに、2007年に
このKM70系トラックが生産を終えるまで実に41年間に渡って生産され続け、
『トヨタの天然記念物』と称されました。

長い歴史の中で徐々に排気量は拡大され、初代の1100ccから
この最終の『7K型』では1800ccにまで増やされ、キャブレターからEFIへと
それなりに時代に合わせて進化はして来ましたが、
基本構造は全く変わらずプッシュロッドのOHVを貫き通しました。
そう、何を隠そう(笑)コイツは『国産最後のOHVエンジン搭載車』なのです!
ライバルはA型だぜ(笑)!

そのエンジン音は今時の『クォーン』とか『シャー』ではなく
『ブー』
車がブーブーと呼ばれる所以ですな(笑)

まぁとにかくそんな歴史的(?)なこの三代目。
いつまでもこのキレイさを保って大事に乗り続けたいですな。
[PR]

by pasartown2 | 2014-11-22 09:17 | | Comments(0)

三代目相棒

走行21万kmの大台に突入した二代目相棒
e0245601_10343615.jpg

ちなみに初代相棒も同型式KM75でした(この型マニア?)
今も毎日の遠出を元気にこなしてくれているのですが‥‥

AT故にいつかはミッションのOHもしくはASSY交換が必要となるでしょう。
しかもそう遠くない将来に‥‥。

エンジンは至って元気な上に、今年3月の車検でフロントの足回りを一新した事だし、
そうなったらOHでもして乗り続けようと思っていたのですが‥‥。

なんと走行僅か1600kmの驚きのデッドストック車を発見!
しかも探していたマニュアル車(二代目を購入する時も本音はマニュアルが欲しかった)
そしてトヨタのディーラー中古車で、3年の延長保証が付けられると言う!!!

なにせ絶版となって早7年のKM75、
コレを逃したらおそらくもう程度の良い物は二度と出てこないでしょう。

コレは買うっきゃない!!

て事で実車も見ずに即決で買ってしまった。

置いてあるのが大阪のディーラーじゃね、とても見に行けませんから!

まぁ通販での購入に一抹の不安はありますが、ディーラーだし、3年保証だし、大丈夫でしょう。

それにしてもトヨタの「ロングラン保証」はスゴイ!
普通の保証はエンジンやミッションやブレーキ等の動力伝達機関に限られるモノですが、
保証項目は5000箇所に及び、エアコンやオーディオまでもが対象になる手厚さ!

どっかのディーラーとは大違‥‥イヤイヤ、比べますまい。

三代目となる相棒KM75、仕事を引退するまで使ってやるぞ!

あと20数年‥‥ちょっと無理か。
[PR]

by pasartown2 | 2014-11-03 11:00 | | Comments(0)

警告灯そして・・

警告灯点きっぱなしの光景?にもスッカリ慣れてきてしまった先日。
エンジンを掛けるとそこにはなにやら見慣れぬ殺風景な景色が・・・・。
e0245601_10444051.jpg

ナビが点いてねぇ!!

こんな時には慌てず再起動だってんでエンジンを掛け直すも全く反応なし・・・
タッチパネルに触れてもボタンに触れても無反応・・・
って事は電源が入っていないって事???

正直、警告灯の方は日常走行に支障がある訳でもないので
このままでも良いかと思っていたのですが、
自他共に認める超方向音痴な私にとって
ナビが無いのは困る!


速攻でディーラーに連絡して入庫。



原因はこの『CANBUSアダプター』なる物が完全にお亡くなりになられたとの事。
e0245601_10514617.jpg

全く聞き慣れないこの『CANBUSアダプター』ですが、
調べてみると社外品のナビを取付ける際に
現代のクルマでは必要不可欠な物なのね。
つまりナビ取付に必要なクルマ側からの信号、
車速信号とかバック信号とかを取り出すというか
解析してナビ側に送ると言うパーツ。

ん???
て事は、今回の警告灯点灯の元凶『車速センサー』の故障と無関係ではないというか
むしろ連鎖的な故障では・・・。
誤った車速信号を解析出来ずに暴走した結果お亡くなりになったのでは???



まぁとりあえずコイツが死んでくれたお陰?でナビ自体は無事だったので
コイツと車速センサーを交換してあっけなく完治。
e0245601_111036.jpg

久々のスッキリした光景と
e0245601_1123217.jpg

ホっとするこの画面。ナビがあるって安心だなぁ・・・・。

しかし昔はナビなんて無くて当たり前で、ABSやらエアバッグだって贅沢品だった。
4thカマロを買った時なんて、
『SRS にABSか〜、イモビも付いてるしスゲェなぁ〜〜』
なんて感心したモンでしたからね。

人間、便利な物に慣れすぎるのも考えモンですな・・・・・。
[PR]

by pasartown2 | 2014-07-19 11:10 | | Comments(0)

警告灯その後。

先日のディーラーでのリセット後、しばらくは点灯しなかったのですが
徐々に点灯する頻度が高くなり、最近はほぼ常時点灯状態‥‥。
e0245601_89224.jpg

よし、このままディーラーへ持っていけば原因が確定するぞ!早速電話して入庫だ!

と思っていると消えるんですよねコレが‥‥。
ま、走行には支障ないし、もうしばらく待つか。

さてもう1台の愛車ライトエーストラックですが、
先日ついに達成しました!
e0245601_8135987.jpg

200,000km!!
3年落ち45,000kmの車体を購入して早7年弱。
年間20,000km以上は走っているんだなぁ‥‥。

それにしてもコイツはタフな奴で、200,000km達成でも全く故障する気配なし。
今年の車検でフロントの足回りを一新した事だし、まだまだ使い倒しますよ。

ちなみにこの「スーパーシングルジャストロー」の「ロング」は
現行型ではラインナップされていないので中古車価格が高い高い!
そもそもタマ数が少ない上に、使っている人は手放さないので市場になかなか出ない。
出れば100,000km走っているのが平気で100万近くで売られています。
新車価格が150万もしない車なのに‥‥。

アベンジャーよりリセールが高いのは確実ですな。
[PR]

by pasartown2 | 2014-07-12 08:34 | | Comments(1)

現行インパラ

最近のセダンではピカイチでは、と私は思いますな。
e0245601_9354217.jpg


やはり流行のルーフ形状で、一見独立したトランクが無いように見えますが、
e0245601_9374093.jpg


メルセデスのCLSやBMWのグランクーペのように平べったくないトコが良い。
e0245601_939544.jpg

セダンらしい風格とゴツさをちゃんと持っていますな。

しかしインパラって2000年に発売された先々代から、
全長、全幅、全高、ホイールベースに至るまで寸法が全く変わっていないのね。
この現行型なんかプラットフォームから一新されているのに何故?
やはりクラウンのように代々乗り継ぐユーザーが多いのでやたらと変えられないのかね。

先々代。
e0245601_9484088.jpg


先代。
e0245601_9494110.jpg


現行。
e0245601_9494496.jpg


同じサイズに見えないどころか
すでに同じ車にすら見えませんな。
[PR]

by pasartown2 | 2014-06-22 09:47 | | Comments(0)

警告灯が‥‥

ここ数日の間、朝イチでエンジンを始動するとインパネ内の
「ABS」 「ESP BAS」 とESPのマークが同時に点灯し、
数秒~数分後には消灯する現象が起きていました。

この現象、なぜかほとんど朝イチ(その日初めてエンジンを始動する時)だけで、
走行中にも特に違和感なし‥‥。

ま、実際ABSなんて年に数回作動するかどうかだし、
ESPなんて一回も作動した記憶がない。

だからどうでも良いと言えば良いのですが、何か重大な問題が潜んでいると嫌なので
念の為ディーラーへ。

こういう場合、おそらく警告灯が点灯した状態じゃないと原因を特定できないんじゃないかな~。
と、思っていたら案の定、

「右リアの車速センサーにエラー履歴がありますが現在は正常に車速を拾っています」

「エラーがアクティブな状態(警告灯点灯しっぱなし)なら原因を絞れるのですが‥‥」

「点灯してもESPとABSが作動しないだけなので通常の走行には問題ありません」

ああ、やっぱりね。

てな訳でコンピュータをリセットしてもらい、ついでなので忘れていた12ヶ月点検を。

ま、リセット後は朝イチの点灯はなくなったし、しばらく様子を見るとするか。



しかし点検中の時間潰しに読んでいた雑誌の
「新型300誕生秘話」的な記事はなかなか面白かった。
なんでも今回の300をデザインしたデザイナーは7年程前にクライスラーに赴任したそうで、
その当時のクライスラー車の内装の酷さに驚いたらしく、

「7年前のクライスラー車の内装はシボを付けたグレーのプラスチックの組み合わせで酷かった」

「当時のエアコンの吹き出し口はただ単にパネルに穴を開けただけ」

「私はグレーのスーツは嫌いではないがグレーのスーツにグレーのシャツやソックスは禁物だ」

「今回はシボを付けたグレーのプラスチックだけは採用しないと決めていた」


的な事を言っていました。



そうだよなぁ‥‥。 これだもんなぁ‥‥。
e0245601_855995.png

[PR]

by pasartown2 | 2014-06-08 08:59 | | Comments(0)

新型

最近そこそこ見かける新型のスカイライン・・・・・。
e0245601_9581631.jpg


いくらなんでもコイツに似すぎていないか??
e0245601_959958.jpg


間違って買ってもらおうとでも思っているのだろうか・・・・。

それとも『イマ風でスマートで高そうで売れそう』
なデザインを追求するとこうなるのか?

もうちょっとメーカーとしてのプライドを持ってもらいたいもんですな。



独自の路線でこんな感じとかね。
e0245601_1044064.jpg

[PR]

by pasartown2 | 2014-04-27 10:05 | | Comments(0)

DODGE CHARGER 2015

NYモーターショーで発表されたのか?
画像が公開されていますな。
e0245601_2144713.jpg

この洗練されたフロントビューで『オッ!?』と思ったのですが、
サイドビューや
e0245601_2163930.png

リアビューを見ると
e0245601_2171711.jpg

要するに現行のマイナーチェンジって事ね。



コレを見る限りではアレですな、既に市販されている現行のダート
e0245601_21101431.jpg

のデザインが今後のダッジのアイデンティティーっつうかコンセプトっつうか
e0245601_21115556.jpg

共通のイメージにして行く訳ね。


うん、画像ではイマイチ伝わってこないが実車を見たらきっと良いんだろうね。
イマ風でありながらマッスルさはキチンと残してる。
良いよ良いよ。

んでクライスラーの公式アナウンスでは・・・

2016モデルで
アベンジャーのSRTが
出るってさ!


まぁまさか今さら現行モデルにそれなりのエンジン載せてグリル変えてエアロ付けてって
事はないだろうから、実質フルモデルチェンジでモデル存続って事なんだろうなぁ。

2016モデルって事は来年の今頃には発表されるんだろうなぁ・・・・・。

公式にアナウンスされているようですがそれでもなぜか未だに眉唾です。

本当かなぁ???
[PR]

by pasartown2 | 2014-04-17 21:30 | | Comments(0)

新型200 発表。

年末の事。
条件の良い335iクーペが見つかり、思わず見積とアベンジャーの査定依頼までしてしまった。

だがしかしタッチの差で売却済みとなってしまい、衝動買いでの乗り換えは見送りとなりました。

「残念だったな~」とこの335iについて詳しく調べてみると(予備知識ゼロで買う所でした)
搭載しているBMW初のパラレルツインターボエンジン「N54」が結構食わせ物で、
詳しいことは省きますが約9割の確率で不具合が起きるとか‥‥。

しかもアメリカではこの症状はリコールの対象となって無償修理なのに日本ではリコール扱いに
なっておらず、保証期間後に修理すると15諭吉程かかるとか‥‥。

まぁ修理代金はしかたないとして、ヒドイのがこの症状。
高速道路等での急加速時に限って起きるそうで、
いきなりスピードが50キロ位に落ちてしまうとか‥‥。下手すりゃ死ぬぞ!

さらにディーラーでは有償でも予防修理をしてくれず(不具合と認めていない)
症状が起きて初めての対応になるとか‥‥。 ムゴイ。

まぁそんな事情があって安かったのかね。中古車相場自体も他車種に比べて安いし。
300psオーバーは魅力的でしたが、とりあえず買わなくて正解でした。 アブねーアブねー。

まだしばらくはコイツで行くぜ。
e0245601_8483352.jpg


さて本題ですが、アベンジャーの兄弟車であるクライスラー200の新型が
アメリカでお披露目されました。
e0245601_851461.jpg

e0245601_8533829.jpg

外観上の特徴はなんと言ってもこのメルセデスCLSのような、アウディのスポーツバックのような
トランクリッドまで続くラウンド状のルーフ形状でしょうね。最近の流行を取り入れた感じか。
正直この「4ドアクーペ」的なフォルムは好きです。

e0245601_8592175.jpg

e0245601_859397.jpg

あと目新しいのは、フェンダーアーチ内側のウインカーがフロントだけではなくリアにも見える。
実用的かどうかは別としてコレは初めて見たなぁ。
全体的なイメージとしては先代を踏襲しているけど、まぁやはりイマ風ですね。

さてアベンジャーの方はどうなっているのかと言うと、
メーカーでも廃止か存続かで二転三転してるとか。
まぁ日本じゃぁ全く売れなかったクルマですが、
本国ではなかなかのセールス(ダートよりずっと売れている)らしいから
存続の可能性もゼロではないでしょう。
ぜひこのラウンドルーフを採用した新型を発表してもらいたいもんですな。
[PR]

by pasartown2 | 2014-01-19 09:12 | | Comments(0)