'08 DODGE AVENGER SXT

最後の洗車を終え、私物を出し、
旅立つ準備完了。

e0245601_15372565.jpg

このアベンジャーが納車されたのは2011年9月3日。
奇しくもミンクがこの世に生を受けたその日でした。
ミンクに初めて出会った時に運命的な物を感じたっけ。

あれから5年半・・・・・。

18歳で免許を取得後数十年、
様々な車を乗り継いできましたが、
この車が一番長い期間乗った事になるんだな。

e0245601_15381150.jpg

こうして改めて眺めると、ダッジブランドらしく、
かなりスポーティーな方向へ振ったデザインだった事がわかります。
実力はともかく、見てくれだけはかなり速そうに見える。



大きな目。

e0245601_15381259.jpg

リアのドアハンドルさえなければクーペに見えるルーフライン。

e0245601_15381111.jpg

これまた大きなテールランプとほとんど使う事がなかったリアフォグ。

e0245601_15381018.jpg


ATレンジの切り替えがカチカチッと小気味良く決まるシフター。
だがMTモードでの切り替えに対する反応は緩慢でした。


e0245601_15381205.jpg


今は無きダイムラークライスラー製。

e0245601_15381088.jpg



まぁとにかくこの車、天下の希少車だけあり、
良くも悪くも目立った事だけは確かでした。

なんたって5年半の間に同じ車を見かけた事は10回にも満たないし、
このブライトシルバーのアベンジャーを見た事は1回もありませんでした。
購入時に『この色は本州に1台』と言われたのも事実だったんでしょうね。

価値は無くとも希少性は高かったこの車。
センサー類などのマイナーなトラブルはありましたが、
動かなくなるような大きな故障は一度もなく今まで乗った車の中では優等生でした。
運転席のドアが開かなくなったのが一番困った故障だったくらい。

ただ一つ、今時ATが4速なのはやはり辛かった。
高速ではまだしも街中がね。
せめて6速だったらまだ手放さなかったと思います。

それ以外は本当に良い車だった。

とうとう明後日でお別れです。
ちょっと寂しい気もしますな。





[PR]

by pasartown2 | 2017-04-24 16:16 | | Comments(0)