ウッドデッキの日除け

しっかし今年の夏は暑かった。
特に最高気温では日本で5本の指には入るであろうこの地域、
実際『灼熱地獄』と言っても過言ではありませんでした。

そんな訳でせっかく作ったウッドデッキも日除けが無ければ暑くていられない状態。
でも通常のこのタイプの日除け(オーニング)では
壁に穴をあけなきゃ取付け出来ないんですよね。
e0245601_161115.jpg

実際壁裏の『梁』にコーチボルトで打たなきゃもたないだろうし、
壁や躯体に穴はちょっと嫌だなぁ〜〜、と思っていたら・・・・・

あったんですね!良いのが!!
e0245601_161426.jpg

トステムの『彩樹A型』 庭側から家側に伸びるタイプのオーニングです。

さっそく注文を入れたのがお盆前。なんとなんとの納期2週間で、やっと先週届きました。

んで本日これを
e0245601_16164798.jpg


墨出しして
e0245601_16165021.jpg


穴掘って
e0245601_1617683.jpg


途中大幅にはしょりましたがあっと言う間に完成。
e0245601_16181921.jpg


なかなか
e0245601_1619795.jpg


良い感じです。
e0245601_16185043.jpg


しかし今日は日差しゼロで、作業をしていてもあまり汗もかかない状態・・・
後手に回ってしまった感が強いですな。
でもまぁまた来年も『灼熱地獄』がやって来るしね・・・・。

さて、次なる懸念事項はこの『バッテリー液=希硫酸』によるコンクリートの焦げ・・・
e0245601_16225325.jpg

これ、錆びじゃなくて化学変化による『焦げ』なので落とす事はまず不可能・・・・・・。 

隣の家の前まで達してるよ・・・・
e0245601_16235246.jpg


仕方ないからコンクリート塗料で全面塗装だなぁ・・・・・。
[PR]

by pasartown2 | 2013-09-07 16:26 | | Comments(0)