イミグレにて・・・・2007

初バリからちょうど1年後の2007年5月、
2度目の渡バリでの出来事です。

現在は成田からの直行便はガルーダ・インドネシア航空しかありませんが、
当時はまだJALの直行便があったのでこれを利用しました。

ガルーダは機内で入国審査を受けられるのですが、JALでは到着後にデンパサール空港で入国審査の長〜い列に並ばなくてはなりません。
こんな感じで・・・・(ド手ブレですが)
e0245601_22155914.jpg


さて長〜い列が進んで行き、やっと私の番になりました。
この入国審査はひとりずつ受けますので、前の番の人はゲートを出て、
後ろの番の人は離れた所で待ちます。
つまり入国審査時は審査官と私の2人だけの空間になります。

とっても威厳のありそうな入国審査官のオッサン。
私の入国カードとパスポートと私の顔をジロジロと眺め・・・・
おもむろに・・・・
小さな声で・・・・
「センエン」 

「はっ?」

今度は机の下で手の平を出して・・・・
「マネー」 「マネー」 「センエン」

もちろん払いませんでしたが。(ギブアンドテイクならまだしもギブギブじゃぁね〜)

まぁこんな事もある国です。

このやりとりで私の審査は他の人の3人分位時間がかかりました。

なぜに私だけに・・・・・。
謎です。

この時泊ったホテルは『ザ・リッツカールトン(現アヤナリゾート)』のクラブルーム
e0245601_22291782.jpg

e0245601_22294444.jpg

e0245601_222953100.jpg

e0245601_22301346.jpg


素晴らしいホテルでした。
[PR]

by pasartown2 | 2011-09-29 22:33 | BALI | Comments(0)